上司に提出する資料、客先に見せる資料、プレゼン資料。

提交給上司的資料、向客户展示的資料、會議用的資料。

ビジネスでは様々な場面で資料をつくる機會があるかと思いますが、「色」の使い分けはできていますか?

商務場合中,會遇到各種需要製作資料的情況,那麼你能區分好“顏色”嗎?

本當に分かりやすい、良い資料というのは、色ごとに意味があって、重要度などを表現します。

真正簡單明瞭的好資料能通過不同顏色表達出不同意義及重要程度。

プレゼンなどは特に、見ている人にとっての「色」は言葉で説明しなくてもどこが重要なのかを判斷するポイントです。

特別是會議資料,關鍵在於要讓看的人不用任何説明,僅從“顏色”就能判斷重要程度。

一般的に「赤色」が重要と認識されますが、目的によって色を分けます。

通常“紅色”被認為是最重要的,然後根據不同的目的來使用不同的顏色。

カラフル資料は要注意!

“五彩繽紛”的資料要注意!

いろいろ考えてはいるものの、いざ資料を作るとなるとどんな色がいいのか迷ってしまいます。分からないからいろんな色を使ってカラフルにしてしまって「まとまりがない」感じになってしまう。この繰り返しになる方も多いかと思います。

平時也會考慮很多,但一開始製作資料還是會困惑到底用什麼顏色才好。由於不清楚而用了很多顏色,使資料變得五顏六色,給人一種“雜亂”感,很多人都會陷入這種惡性循環。

また、資料をカラフルにした時點で仕事をした気になる人もいます。意味をもたずカラフルにすると「ダメ資料」ができあがってしまいがちなので気をつけましょう!

另外,有人覺得資料做得色彩斑斕就算完成任務。不過毫無目的地使用各種顏色容易讓資料變成“無用資料”,要特別注意!