滬江日語閲讀提示:雙擊或劃選日語單詞,查看詳細解釋,並可收錄進生詞本以供記憶學習。

社會人になってから、最もしていけないタブーを2つ紹介します。特に訪問と來客の際には、絶対にしてはいけません。「遅刻」と「忘れ物」です。

介紹一下成為社會人後,最忌諱的兩件事情。特別是訪問客人和來客人的時候,絕對不可以做的:遲到和忘東西。

どちらも基本的なことです。たいしたことではありません。これは小學生でもできることです。しかし、こんな小學生でもできることを、社會人になってもする人がいます。だから問題なのです。

兩個都是最基本的,也不是什麼了不起的事情,這是連小學生都能夠做到的,不過就是這樣連小學生都能的事情,也有的社會人會犯,所以這就是問題了。

私は社會人として仕事をしていると、遅刻や忘れ物をしている人が、意外と多いことに驚きます。

我作為社會人在工作中,意外地發現遲到和忘記東西的人多得讓人吃驚。

「大切な商談のために、客先へ訪問に遅刻して、あげくには大切な資料を持參し忘れました」というマンガに出てくるような笑い話を、現実でも目の當たりにしたことがあります。

“為了重要的商談,去訪問客人時遲到了,最後重要的資料也忘記了帶”這樣漫畫上出過的笑話,在現實中也是真實存在的。

社內であれば、上司から怒られて済む話も、訪問や來客といったお客さまとの話し合いの際には、取り返しのつかないミスになります。「こういう方々とは一緒に仕事をしたくないな」と、お客さまに思われてしまい、即座に商談は打ち切りになります。

如果是在社內,被上司訓斥就能了事,但如果是訪問客人或者有客人來訪時發生的話,那就變成無可挽回的錯誤了,會被客人覺得不想和你這樣的人一起工作,會馬上終止商談。

この2つだけは「絶対」が付くくらいにしてはいけないタブーです。社外のみならず、社內においても、まず遅刻と忘れ物をなくしましょう。

這兩點絕對是忌諱的事情,不僅是社外,在社內也首先要做到不遲到和不忘記東西。

聲明:雙語文章中,中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。