むかしむかし、ある池に、たくさんの亀が住んでいました。

很久很久以前,在一個池塘裏住着很多烏龜。

ある日の事、亀の大將が言いました。「何でも竜は、海に千年、川に千年住むと天に昇るそうだ。このわしは、この池に三千年も住んでおるから、もうそろそろ天に昇ってもよいのではないかな」

有一天,烏龜的頭頭説道「聽説龍在海里住上千年,在河裏住上千年,就能昇天了。我已經在這池塘裏住了三千年了,差不多應該也可以昇天了吧」

そして亀の大將が天に昇ろうとしたので、それを見ていた息子の亀が言いました。「それなら、わたしも一緒に連れて行って下さい」

因為烏龜頭頭有了昇天的打算,所以看到了的烏龜兒子就説道「這樣的話,把我也帶上吧」

すると、その息子の嫁の亀も、「あなたが天に昇られるのなら、わたしも連れて行って下さいませ」と、頼んだのです。

於是烏龜兒子的妻子也拜託説「你要是昇天的話,把我也帶上吧」

そうして次から次へ、孫亀も、ひ孫亀も、みんなみんな、「わたしも、連れて行って下さいませ」と、頼んだのです。

這樣一來,烏龜孫子,玄孫子大家一個個都拜託説「請把我也帶上吧」

そこで、亀の大將は、「よしよし、それなら、みんな一緒に連れて行ってやろう。だが、いくらわしでもみんなを抱える事は出來んから、みんな順々に前の者の尻尾をくわえるといい」と、言って、自分のしっぽを息子にくわえさせて天に昇り始めました。

於是,烏龜頭頭就説道「好的好的,把大家都帶過去吧。可是,無論如何我也不可能抱得了所有啊,所以大家依次咬着前面烏龜的尾巴就好了」然後把自己的尾巴讓兒子咬着開始昇天了。

そして息子の尻尾を嫁が、嫁の尻尾を孫がと、その後に何千匹、何萬匹の亀が、順番に前の亀の尻尾をくわえて、だんだんと天に昇って行ったのです。

兒子的尾巴給妻子,妻子的尾巴讓孫子咬着,就這樣後面上千只,上萬只的烏龜都按照順序咬着前面烏龜的尾巴,漸漸升上天去。

ところが、間もなく天に着くというところで、亀の大將が後ろを振り向いて、「おーい、みんな、無事について來ておるか?」と、尋ねたのです。

可是,不久之後到了天上後,烏龜頭頭向後回頭問道「喂,大家都平安到達了吧」

するとそれを聞いた亀たちが、「はい」「はい」「はい」「はい」・・・・・・。と、みんな返事をしたので、くわえていた尻尾をはなしてしまい、みんなあっという間に元の池の中に落ちてしまったのでした。

聽到了詢問的烏龜們就回答道「是」「是」「是」「是」・・・・・・,可是由於放開了叼着的尾巴,所以一瞬間大家又掉到了原來的池子裏去了。

聲明:雙語文章中,中文翻譯僅代表譯者個人觀點,僅供參考。如有不妥之處,歡迎指正。