本文:

昔、昔、ある所にやさしいおじいさんと意地悪なおばあさんが住んでいました。おじいさん、雀が大好きで我が子のように可愛がっていました。一方、おばあさんは雀は大嫌いです。

ある日のことです。おばあさんが庭で洗濯をしていると、雀が飛んできて洗濯のりを食べてしまいました。おばあさんは大層怒って雀を捕まえると、舌をちょん切ってしまいました。雀は山の方に飛んで帰りました。

おじいさんはこの話を聞くと、その雀が大層哀れに思い、雀を探してお詫びを言うことにしました。

おじいさんは、山の中を、「舌きり雀のお宿はどこかいな。」と言いながら歩いて行きました。

おじいさんは、やっとのことで、竹やぶの中に雀のお宿を見つけると舌きり雀に會えました。

「申し訳ないことをしてしもうた。大丈夫かな。許してくれ。」

「わざわざお越しいただきありがとうございます。とてもショックでしたが、私が悪かったのです。夕飯でも召し上がって下さい。」

おじいさんは、その晩は雀のお宿で過ごしました。

次の朝、おじいさんが家に帰るとき、雀がこう言いました。
「これは私たちのお土産です。大きい箱と小さい箱がありますが、どちらがいいですか。」

「どちらも結構じゃが、どうしてもと言うのなら、小さいほうでよかろう。」

おじいさんは背中にお土産を背負って家に帰りました。開けて見ると、大判、小判、着物、色々なものが入っていました。

おばあさんはおじいさんに言いました。
「どうして大きいのも持ってこなかったの。私が行って持ってくる。」

おばあさんは、「舌きり雀のお宿はどこだ。」と言いながら竹林の中に入って行きました。

おばあさんは舌きり雀に會いました。

「どうしてここに來たのですか。」

「お前さんに會いたくなったのさ。可愛がってやったからね。」

「そうですか、それではお入り下さい。」

「直ぐに、お土産の用意を。もちろん大きな箱。」

おばあさんは、やっとのことで背中に箱を背負うと雀のお宿を去りました。

おばあさんは帰り道、箱の中身を見たくて仕方ありません。道で箱を下ろすと、蓋を開けて見ました。何と、蛇や、お化けや、ムカデや、恐ろしいものが次から次へと出てくるではありませんか。おばあさんは気を失ってしまいました。

補充説明:
 
気を失う:不省人事;裝死。
 
譯文:

在很久很久以前,有個地方住着一位和藹的老爺爺和使壞的老奶奶。老爺爺非常喜歡麻雀,像自己的孩子一般疼愛着。另一方面,老奶奶則十分討厭麻雀。

有一天,當老奶奶在庭院裏洗衣服的當兒,一隻麻雀飛了下來,還吃了洗滌漿。老奶奶非常生氣地一把抓住麻雀,割了它的舌頭。(然後)麻雀就往山的方向飛回去了。

老爺爺聽到了這番話,覺得麻雀非常可憐,於是決定去尋找麻雀向它賠不是。

老爺爺到了山裏,一邊走着,一邊説道「被割了舌頭的麻雀的家在哪兒啊?」

老爺爺好不容易在竹林裏找到麻雀的家的同時,也遇到被割了舌頭的麻雀。

「我是來向你道歉的。你還好嗎?請原諒我們。」

「很感謝您特意過來一趟。我感到十分震驚,不過是我做錯。請您留下來吃晚飯。」

老爺爺那一晚在麻雀的家過了一晚。

隔天早上,老爺爺回家時,麻雀這麼説道。
「這是我們的土產。有大盒和小盒、哪個比較好呢?」

「(我)哪個都不用,、如果怎麼也得説的話,那就小的好了。」

老爺爺揹着土產回家去。(回到家裏)打開一看,大金幣、小金幣、衣服、各式各樣的東西放在裏面。

老奶奶對老爺爺説道。
「為什麼不拿大盒的回來呢?我去拿過來。」

老奶奶一邊走進竹林裏,一邊説道「被割了舌頭的麻雀的家在哪兒啊?」

(然後)老奶奶遇到被割了舌頭的麻雀。

「(你)為什麼到這裏來?」

「很想見你。因為(我)一直都疼愛着你。」

「是這樣啊。那麼就請進。」

「(不羅嗦)直接準備土產吧。當然是大的那一盒的。」

老奶奶好不容易揹着土產離開麻雀的家。

老奶奶在回家的路上,想看看盒子裏有什麼卻沒有辦法(看到)。於是在路上把盒子放下,打開蓋子看一看。

哎呀,蛇、妖怪、蜈蚣等,恐怖的東西不是一個一個地(從盒子裏)出來嗎?老奶奶她(被嚇得)不省人事。
 
喜歡這個節目嗎?歡迎訂閲!